×
トップページ 選ばれる理由 サポート内容 先輩たちのキャリア道 社長応援メッセージ 企業の方へ 会社概要 お問い合わせ よくある質問 プライバシーポリシー 就職・転職サポートの申込み

ブログ

「私服で来て下さい」という面接の狙いとは?

就職活動において、避けては通ることが出来ないのが面接です。

 

何をどうアピールしよう?

どんな質問をされるのだろう?

と気になることは沢山ありますが、

 

「当日どんな服装で行けば良いのですか?」

というご質問をよくいただきます。

 

特に、

 

 

・「面接には私服で来て下さい」

・「面接での服装は自由です」

 

と言った企業からの指定があった場合、ちょっと困ってしまいますよね。

 

・「私服と言ってもどんな格好をすればいいの?」

・「服装自由と言われても、どんな服装なら印象が良いんだろう…」

・「一体何を意図したルールなのか気になる…」

 

という人は多いのではないでしょうか?

 

今回は面接時の「服装自由」についてお話したいと思います。

 

服装自由はTPOを見るため

 

まずは企業が面接を行う際に、なぜ私服や服装自由と指定をするのか?

その意図について説明したいと思います。

 

企業が面接時の服装を自由、あるいは私服という風に指定するのは、

TPOを守れる人間か?」

というのを見るためのテストの意味を持っています。

 

そのため、いかに服装自由・私服OKの面接と言っても、

だらしない服装はNG

しっかりと何を着ていくか吟味する必要があります。

 

また、アパレル業界などの場合は単純に教養や常識があるかどうか

だけではなく、ファッションセンスを見るという目的もあります。

 

私服で来てと言われたら私服で行くこと

 

服装自由・私服OKの面接というのは、何を着ていくか迷ってしまい、

結局「無難なスーツを着ていこう…」と考える方も

多いのではないかと思います。

 

しかし、企業側からしてみると、

 

・どんな性格をしているのか?

・どんな個性があるのか?

TPOを守って服装を選ぶ能力があるのか?

 

などなど、採用に当たってのヒントにするために私服を指定したのに、

スーツで来られては正しく資質を見ることが出来ません。

 

つまりあなたという人間をアピール出来ずに

終わってしまう可能性もあります。

 

また、最悪の場合は「ルールを守れない人だな…」と

判断されてしまう可能性もあります。

 

なので、服装自由・私服OKという面接の場合は、

スーツはなるべく避けるようにしましょう。

 

無難なのはオフィスカジュアル

 

個人個人の個性を見るための服装自由・私服OK面接。

 

しかし、受ける側からしてみると

 

・「ありのままの自分の私服で受け入れてもらえるか不安…」

・「少しでもいいから印象の良い服装をしていきたい!」

 

と感じるのは当然のことですよね。

 

そこで効果的なのが

 

・ワイシャツ

・カットソー

・ジャケット

・パンツ

・スカート

 

などを駆使したオフィスカジュアルの服装です。

 

オフィスカジュアルはTPO的にも問題がなく、

清潔感もあるため好感を持ってもらいやすいでしょう。

 

また、色も白や薄い青・ピンク、紺や黒などの

派手過ぎない落ち着いた色でまとめておくといいですね。

 

まとめ

 

私服面接で面接官に好印象を持ってもらうのに重要なのは、

やはり清潔感のある服装が重要です。

 

オフィスカジュアルを有効に活用して、

就職活動をスムーズに進めていきましょう!

最新ブログ一覧はこちら

逆転キャリアは、あなたの想いを実現させる環境へ、あなたを売り込みにいきます。
“挑戦したい”皆さまからの応募を楽しみにお待ちしています。

詳しいサポート内容を見る

ソーシャル