×
トップページ 選ばれる理由 サポート内容 先輩たちのキャリア道 社長応援メッセージ 企業の方へ 会社概要 お問い合わせ よくある質問 プライバシーポリシー 就職・転職サポートの申込み

ブログ

弊社が事務職希望を歓迎しない理由<その1>

今月は事務職を希望される方のご相談が目立ち、

悩ましい・・・ので、書きます。

 

 

2017年10月の転職求人倍率は、なんと2.25倍になりました!!

 

求人倍率というのは、

「求人数÷転職希望者数」の計算式で算出された、

”転職したい1人に対していくつの求人ポジションがあるのか”

という数字です。

 

2.25倍ということは、就職転職活動をする皆さんに対して平均的に

2ポジション+ちょっとの求人数があるということですから、

チャンスの多い外部環境といえるでしょう。

 

と・こ・ろ・が、事務職に限っては状況はちがいます。

 

グラフを見てみてください。

一番下に変動なくピーーっとひかれている青い線が

事務職の求人倍率の推移です。

(転職サイト「DODA」より https://doda.jp/guide/kyujin_bairitsu/ )

 

唯一、倍率1を大きく下回り、全く増加する気配もない・・・

事務職は、多くの人が死に物狂いで奪い合っている状態なのです。

 

そんな激戦区で、わざわざ戦う気ですか?

戦い続けていく自信、ありますか?

 

はっきり言って、事務職でスムーズに転職がうまくいくのは20代までの話です。

事務やデータ入力などの仕事を続けてきた現在のアラフォー世代が、

いま、かなり苦戦しています。

 

 

管理部門が縮小され辞めることになったが同じ事務の仕事がみつからない・・・

派遣契約が更新されなくなった・・・

とにかく生活のために何でもいいから仕事に就かなきゃ・・・

 

発展的な、楽しいキャリアじゃないですよね。

 

今後事務的業務は労働力の安い海外に出てしまったり、AIの進歩で、

ますます求人数は減っていくことになります。

 

そんな、数少ない事務ポジションは、いずれ専業主婦になりたい若い女性たちで

定員オーバーなわけです。

 

よほどの覚悟がないかぎり、事務キャリアは10年後苦しむのが見えているから

オススメしたくない。

 

これが、弊社が事務職希望を歓迎しない理由の1つです。

 

先のことも考えずに、目先の自社の利益のために派遣のデータ入力の仕事を

紹介するようなことは、いたしません!(大門未知子 風)

 

次回は、「事務職に対する勘違いポイント」について、

具体的に綴ろうと思っています。

 

最新ブログ一覧はこちら

逆転キャリアは、あなたの想いを実現させる環境へ、あなたを売り込みにいきます。
“挑戦したい”皆さまからの応募を楽しみにお待ちしています。

詳しいサポート内容を見る

ソーシャル